*

【心配性の基礎知識】暇と自由が、心配を増幅させる

昔と比べて、生活はどんどん便利になり、そのぶん「暇な時間」も増えました。

20150914syufu

また、職業も結婚も自由にきめることができる世の中になりました。

しかし、この暇と自由が心配を増幅させているのです。

スポンサーリンク

暇だから心配する

脳は、体を動かしながら空想することは、なかなかできません。

プールで泳ぎながら空想するとか、かけっこをしながら空想するとかは難しいはずです。

20150915suiei

心配は、空想の産物

生活が便利になり、体を動かすことが減ったことで空想できる時間が増え、それに伴い心配性の人も増えたといえます。

暇な時間は「心配の元」となります。

 

自由だから不安になる

昔は世襲制で、職業を自分で決めることができませんでした。

だから…

武士なら、「立派な武士」を目指せばよかった。

武士の妻なら、「立派な武士の妻」を目指せばよかった。

商人なら、「立派な商人」を目指せばよかったわけです。

20150915busi

しかし現代では、職業も結婚も自分で決めることができるし、あらゆる選択の幅が無限に広がりました。

このことが逆に、心に負担をかけています。

「どの道へ進めばいいのか分からない」というような漠然とした不安や、「今の自分のポジションがわからない」という取り残されたような不安に襲われているのも、現代人の特徴です。

 

まとめ

現代は、「心配性になりやすい生活環境が整っている」とも言えます。

意識して「生活習慣」や「考え方のクセ」を変えたりしない限り、誰もが重度の心配性になる危険性をはらんでいるわけです。

当サイトでは、そのために役立つ情報を網羅していきます。

ぜひこの先も、読み進めていってください。

 

次章へ ⇒ 心配性度チェック

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の基礎知識】心配性の欠点と利点

些細なものであれ「心配」というものは、本当に疲れます。 だから「心配性を克服したい!」

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】病的な心配性(不安障害)の分類

生活に支障のある心配性を不安障害(神経症・不安神経症)といいます。 (※不安障害・神経症・不安神経

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】不安障害の病院から治療まで

「私の心配性って、もしかしたら病気?」と思っても… どの病院に行けばいいのかわからない

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】家族や周囲の協力

ひどい心配性や不安障害は、その家族も巻き込んでしまいます。 そんな時に… 「いつまで手を

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】些細なことを心配してしまう理由

今の日本では、生活がどんどん便利になり、環境も整い、食べ物に困ることもありません。 ところが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑