*

【心配性の基礎知識】不安障害の病院から治療まで

「私の心配性って、もしかしたら病気?」と思っても…

  • どの病院に行けばいいのかわからない
  • どんな治療を受けるの?

と、疑問を抱いている方もいると思います。

20150916gimon

ここでは、不安障害(ひどい心配性)を治療できる専門機関と、治療の内容をご紹介いたします。

スポンサーリンク

どこに相談したらいいの?

①精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックなどの病院で受診できます。

呼び名は違っても、内容はほぼ同じです。

20150916byoin

②心理カウンセリングを受ける

「病院で治療を受けるほどでもないけど…」という方は、心理カウンセリングを受けるという手もあります。

最近では、対面カウンセリング以外にも、電話カウンセリング・メールカウンセリングなどもあり、手軽に利用できるのが特徴です。

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

どんな治療を受けるの?

①病院の場合

  • 薬による治療
  • 心理療法

 

②心理カウンセリングの場合

  • 心理療法のみ

 

心理療法ってなに?

心理療法と聞くと、少し怖いイメージもありますが、いわゆるカウンセリングです。

ƒvƒŠƒ“ƒg

主に、「認知行動療法」という心理療法が使われています。

 

認知行動療法は、さまざまな心の病に対して高い効果が報告されています。

また、セルフコントロール法を身につけることができるため、薬による治療に比べ、再発するリスクが低いのも特徴です。

 

その他には、森田療法も有名な心理療法です。

もしも、心理カウンセリングを受けるのなら、認知行動療法・森田療法を得意とするカウンセラーに依頼することをお勧めします。

 

認知行動療法の進め方

1、その患者に合った治療方針を立てる

2、心理教育と実践で、誤った考え方のクセを修正する

 

期間は、週1回1時間のカウンセリングで、早くても半年程度必要です。

そのため「通いやすい」という条件も、病院選びには欠かせないことです。

 

認知行動療法をもっと知りたい方は
↓↓↓(外部リンク)
ねぎしクリニックと横浜西口カウンセリングルーム 認知行動療法Q&A
http://www.negisi.com/negisicl-ninchiryouhou-qanda.htm

 

まとめ

心の病は、治る病気です。

自分の心配性をいつまでも心配していたら、心配性に拍車をかけてしまいます。

20150916sinpai

不安障害に心当たりのある人や、過剰すぎる心配性の人は、一度受診してみることをお勧めします。

最初は勇気がいるかもしれませんが、主な治療は「薬と会話」です。

安心して、専門機関に相談してみてください。

 

次章へ ⇒ 家族や周囲の協力

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の基礎知識】心配性の欠点と利点

些細なものであれ「心配」というものは、本当に疲れます。 だから「心配性を克服したい!」

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】「正常な心配性」と「病的な心配性」の違い

心配性の定義は、現代でも曖昧です。 心配性と神経質 不安と恐怖と心配 これらを明確

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】病的な心配性(不安障害)の分類

生活に支障のある心配性を不安障害(神経症・不安神経症)といいます。 (※不安障害・神経症・不安神経

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】家族や周囲の協力

ひどい心配性や不安障害は、その家族も巻き込んでしまいます。 そんな時に… 「いつまで手を

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】些細なことを心配してしまう理由

今の日本では、生活がどんどん便利になり、環境も整い、食べ物に困ることもありません。 ところが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑