【心配性の基礎知識】「正常な心配性」と「病的な心配性」の違い

心配性の定義は、現代でも曖昧です。

  • 心配性と神経質
  • 不安と恐怖と心配

これらを明確に線引きすることはできません。

しかし、「正常な心配性」と「病的な心配性」を区別することは可能です。

 

スポンサーリンク

「正常な心配性」と「病的な心配性」

「私の心配性って、病的なの?」と不安になっている方も少なくありません。

20150910hatena

「正常な心配性」と「病的な心配性」を見分けるもっとも簡単な方法は…

生活に支障があるかどうかです。

 

正常な心配性

  • 鍵をかけたかどうか心配になり、家に戻って確認した
  • 夜中に目が覚め、不安になりガスの元栓を確認した
  • 子どもの帰りが遅いので、ソワソワして落ち着かない

20150910ase

このような心配は、誰にでもあることで「正常な心配性」です。

 

病的な心配性

  • 鍵をかけたかどうかの確認を、何十回も繰り返す
  • 些細なことが心配で仕方なく、頭痛・胃腸障害・不眠などの症状がある
  • 理由もなく不安になり、体がパニックを起こす

20150910panic

このように、生活に支障をきたすようなら「病的な心配性」です。

生活に支障のある心配性を「不安障害」といいます。
(以前は「神経症」または「不安神経症」と呼ばれていました)

 

ひと口に不安障害と言っても、分類は多岐にわたります。

次章で、不安障害の分類を見ていきましょう。

 

次章へ ⇒ 病的な心配性(不安障害・神経症・不安神経症)の分類

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の基礎知識】病的な心配性(不安障害)の分類

生活に支障のある心配性を不安障害(神経症・不安神経症)といいます。 (※不安障害・神経症・不安神経

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】心配性度チェック

心配性や不安障害に関する「チェックリスト」を集めました。専門機関に相談する前に、一度

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】心配性の欠点と利点

些細なものであれ「心配」というものは、本当に疲れます。だから「心配性を克服したい!」

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】家族や周囲の協力

ひどい心配性や不安障害は、その家族も巻き込んでしまいます。そんな時に…「いつまで手を

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】些細なことを心配してしまう理由

今の日本では、生活がどんどん便利になり、環境も整い、食べ物に困ることもありません。ところが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑