【心配性の基礎知識】家族や周囲の協力

ひどい心配性や不安障害は、その家族も巻き込んでしまいます。

そんな時に…

「いつまで手を洗ってるの!」

「何度 鍵を確認したら気が済むの」

20150917sikaru

などと、とがめても、本人に反発されてしまうだけです。

家族は、どのように対応したらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

受診は家族も一緒に

「旦那はパニック障害に違いない」

「息子は明らかに強迫性障害だ!」

このような場合は、すみやかに専門機関に受診させましょう。

精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックなどの病院で受診できます。

20150918jyusin

その場合、できるだけ家族も一緒に受診してください

心配性の克服にとって、家族の理解と協力はとても大切。

家族でチカラを合ることが、改善への近道です。

 

受診を嫌がる場合

人によっては…

「徹底的に手洗いするのを、やめたくない」

「自分を病気と認めたくない」

などの理由で、受診を嫌がるケースもあります。

20150918kyohi

●そんな場合は…

「その苦しみから逃れられるから…」

「もっと楽に生活できるから…」

「…だから、相談してみよう」

と、明るい未来を想像させ、気長に優しく誘ってみてください。

 

●それでも嫌がる場合は…

家族だけで受診・相談してください

本人がいなくても、受診・相談することは可能です。

そして、お医者さんの指示に従ってください。

20150918jyusin2

 

孤独から抜け出すことが大切

不安障害の人は、他人に知られたくないために、孤独になりがちです。

20150918kodoku

しかし、一人で閉じこもってしまうと、視野が狭くなりネガティブな気持ちになってしまう。

すると、治療に対しても尻込みするようになります。

「周囲の人に理解してもらうこと」は、治療にとても効果的です。

家族はもちろん、会社の上司に相談するとか、インターネットで同じ悩みを持つ人と情報交換するなど、孤独から抜け出すことも改善への近道です。

 

次章へ ⇒ まずは規則正しい生活から

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の基礎知識】些細なことを心配してしまう理由

今の日本では、生活がどんどん便利になり、環境も整い、食べ物に困ることもありません。ところが、

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】「正常な心配性」と「病的な心配性」の違い

心配性の定義は、現代でも曖昧です。心配性と神経質 不安と恐怖と心配これらを明確

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】病的な心配性(不安障害)の分類

生活に支障のある心配性を不安障害(神経症・不安神経症)といいます。 (※不安障害・神経症・不安神経

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】不安障害の病院から治療まで

「私の心配性って、もしかしたら病気?」と思っても…どの病院に行けばいいのかわからない

記事を読む

no image

【心配性の基礎知識】心配性の欠点と利点

些細なものであれ「心配」というものは、本当に疲れます。だから「心配性を克服したい!」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑