【心配性の改善】運動のダブル効果

  • 運動で、精神は安定します
  • 運動は、睡眠を促進します

心を安定させるには、意識して生活に運動を取り入れることが必須。

20151001wakingu

運動が心に与える「偉大な効果」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

運動は、精神安定剤

ウォーキングをすると…

15分ほどで爽快ホルモンの「βエンドルフィン」

20分ほどでやる気ホルモンの「ドーパミン」

40分ほどでリラックスホルモンの「セロトニン」

が分泌され、50分程度のウォーキングで情緒を安定させることができるそうです。

20151001ansin

 

もう少しわかりやすく、「世界の偉い先生方」に語ってもらいましょう。

20151001hakase

ひと汗かくことは、適量のプロザックやリタリン(代表的な抗うつ剤)を服用するようなもので、心身を正常な状態にしてくれるのです。

(ハーバード大学精神科教授ジョン・レイティー)

 

ときにはホルモンバランス(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンなど)が崩れてしまうことがあります。しかし私たちは自分の意思でホルモンをコントロールすることはできません。できることといえば、とにかく身体を動かすことです。

(茂木健一郎)

 

「運動しない」ことは「憂鬱になる薬を服用しているのと同じようなもの」なのです。

(デューク大学医学部マイケル・バビャク)

 

抑うつのさまざまな治療方法の中で、最も効果が高かったのは運動療法だった。

(オレゴン大学キャラ・ルイス)

 

運動で汗を流すことは、「副作用のない精神安定剤」を服用するのと同じです。

また、不安なことを考えないコツも、「筋肉を動かすこと」です。

 

良い睡眠は、毎日の運動から

体の疲れは、睡眠を促進します。

反対に、頭の疲れは、睡眠を阻害します。

20151001nebusoku

生活が便利になり、現代人は「体よりも頭のほうが疲れている状態」

そんな時、いくら横になって休息しても、頭の疲れは回復しません。

そんな頭の疲れをリフレッシュする一番の方法も、「運動」です。

つまり、頭の休息に必要なのは、睡眠よりも運動。

 

睡眠の質は、心に大きな影響を与えます。

運動で頭の疲れを取り、良い睡眠を獲得しましょう。

20151001naoki

 

まとめ

不安を膨らませたいなら、じっと座ってその心配事を考えて続けることです。

逆に、心配をやめるには、「筋肉を動かす」ことが一番の薬です。

 

運動には、精神安定・睡眠の促進など、波及効果が大きい。

「身体は弱いのに、心だけが強い」ということはあまりありません。

毎日の生活に、意識して運動を取り入れていきましょう。

 

次章へ ⇒ 食事で気をつけたい3つのこと

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】効果バツグン!筋弛緩法

心配性や不安障害の人は、普段から心も身体も緊張しています。身も心もリラックスさせるのに効果バ

記事を読む

no image

【心配性の改善】書き出す

「困った、どうしよう」と不安に陥っているときは、紙に心配事を書き出すのが非常に有効です。書か

記事を読む

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ8~11

8. 時間が解決してくれる どんな心配事も、やがて過ぎ去ります。一年前の心配事を覚えている人も少な

記事を読む

no image

【心配性の改善】心構え4~6

心配性や不安障害の人は、悪い考え方のクセを持っています。考え方のクセを治すには、心構えがとて

記事を読む

no image

【心配性の改善】別のことを考える

不安を抑える手っ取り早い方法は、『別のことを考える』ことです。『別の考え』で心を満たせば、不

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑