*

【心配性の改善】別のことを考える

不安を抑える手っ取り早い方法は、『別のことを考える』ことです。

『別の考え』で心を満たせば、不安が入る隙間はなくなります。

心配は、心の火遊び。

手が付けられなくなる前に、水をかけましょう。

スポンサーリンク

不安が膨らむパターン

不安はほかっておくと、頭の中いっぱいに広がります。

その順序は以下の通り。

①心に不安が浮かぶ

②悪い未来を空想する

③不安が膨らむ

①~③を繰り返すことで、不安は雪だるま式に大きくなります。

そうなると、心がソワソワして判断がにぶったり、動悸・めまい・発汗などの身体症状まで出てきてしまう。

 

 別のことを考えるタイミング

別のことを考えるタイミングは、上記の『①心に不安が浮かぶ』の直後。早ければ早いほど良い。

そのためには、不安な気持ちに気づくことが必要です。

ちょっと意識して生活していれば、「あ!不安な気持ちが湧いてきたぞ」とすぐに気づけるようになります。

その時が、別のことを考えるタイミングです。

まずは、自分の心を、第三者の目で客観視することが大切です。

 

考える内容

考える内容は、明るいほど良い。キーワードは『ワクワク』と『ニヤニヤ』です。

例えば、こんな感じ。

「給料が出たら、何を買おう?」
「週末は、どこへ出掛けよう?」

または、

「あそこに立っている綺麗な女性のパンツは何色かな?」とか。

(不謹慎かもしれませんが、本をヒントに私自身が試してみて、実際に効果が高かったものです。ご容赦ください)

 

まとめ

不安を察知したら、すかさず別のことで上書きする。

そうすることで、不安の悪循環から抜け出すことができます。

まずは、「あ!不安な気持ちが湧いてきたぞ」と、心を客観視することから始めてみてください。

 

次章へ ⇒ メンタルリハーサル

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】運動のダブル効果

運動で、精神は安定します 運動は、睡眠を促進します 心を安定させるには、意識して生活

記事を読む

no image

【心配性の改善】情報の暴飲暴食

今は、超高度情報化の時代です。 情報が簡単に手に入ることは好ましいことですが、心に害を与える情

記事を読む

no image

【心配性の改善】腹式呼吸

強く心配しているとき、さまざまな身体症状があらわれます。 呼吸が浅くなる 心拍が早くなる

記事を読む

no image

【心配性の改善】まずは規則正しい生活から

心配性の予防と改善に一番必要なものは、『心の安定』です。 そして、心の状態を整える基本となるの

記事を読む

no image

【心配性の改善】やる事を済ます

お正月は、どうして清々しいのでしょうか? 大きな理由は、やるべき事を年末までに済ましているから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑