*

【心配性の改善】感謝を増やす

心配性の人のほとんどが、マイナス思考です。

「ああなったらどうしよう…」

「こうなったら終わりだ」

と、物事を悪いほうへ考えてしまうクセがあります。

このクセを治すのに効果的なのが、『感謝を増やす』ことです。

スポンサーリンク

感謝は最高のプラス思考

マイナス思考をやめたければ、当然、プラス思考になれば良い。

最高のプラス思考の形は『感謝の気持ち』です。

あらゆる物事には、プラス面とマイナス面があります。

そのマイナス面ばかりに気持ちをフォーカスしてしまうから、マイナス思考になってしまう。

『プラス面に気持ちをフォーカスする習慣』を身につけることで、プラス思考になれる。結果、ひどい心配性から解放されるというわけです。

 

感謝を増やす方法

感謝の気持ちを育てるのに大切なのは、『現状の良さ』をドンドン見つけることです。

例えば、

「旦那の収入が低い!」ではなく、「少ないお小遣いで頑張ってくれている」とか、

「息子がもっといい大学に入学してほしかった」ではなく、「健康でいてくれて嬉しい」とか、

「あの子は苦手!」ではなく、「あの子もいい所あるじゃん!」とか。

他にも、

食べ物・生活環境・健康・自然・ご先祖様などなど、感謝の対象はいくらでも見つけることができます。

「○○でありがたい!」「○○のおかげだ!」。こんな言葉を口グセにしてしまっても良いかもしれません。

 

まとめ

愛する人たちとのつながり、自分を取り巻く世界。こういうものを当たり前と思わないことが、感謝の気持ちにつながります。

そして、その感謝の気持ちがプラス思考へとつながり、ひどい心配性を改善します。

 

次章へ ⇒ 言葉を変える

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】運動のダブル効果

運動で、精神は安定します 運動は、睡眠を促進します 心を安定させるには、意識して生活

記事を読む

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ8~11

8. 時間が解決してくれる どんな心配事も、やがて過ぎ去ります。一年前の心配事を覚えている人も少な

記事を読む

no image

【心配性の改善】カタルシス効果

心理カウンセラーに話を聞いてもらうだけで、症状が良くなる患者さんもいます。 とても不思議なこと

記事を読む

no image

【心配性の改善】言葉を変える

言葉を変えれば、気持ちも変わる。 「困ったことが起きたぞ」と言うよりも、「面白いことが起きたな

記事を読む

no image

【心配性の改善】腹式呼吸

強く心配しているとき、さまざまな身体症状があらわれます。 呼吸が浅くなる 心拍が早くなる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑