*

【心配性の改善】プラス思考のコツ8~11

8. 時間が解決してくれる

どんな心配事も、やがて過ぎ去ります。一年前の心配事を覚えている人も少ないと思います。

「時間に解決できないことは無い」といわれるほど、時間のチカラは偉大なもの。

「悩みにも終わりがある」と知るだけで、気持ちは軽くなるはずです。

 

9. 命まで取られるわけではない

人の心配事を聞いて、「そんな小さなこと気にしてるの?」と思った経験があると思います。

心配しているときは視野が狭くなっているので、小さなことでも大きく感じてしまう。1を10にも感じているわけです。

そんな人は、「命まで取られるわけではない」を口グセにしてしまうと良い。

視野を「命」にまで広げてしまうのです。そうすることで、1を0.5に縮小することも可能です。

 

10. 苦手な人じゃなくて反対側の人

苦手な人とは付き合わなければいいのですが、そうもいかない時ってありますよね。たとえば、家族・上役・ご近所さん。そんな人と一緒にいるのは、憂鬱なものです。

そんな時は、「苦手な人」を「反対側の人」に変えちゃいましょう!

この世の中、「+」があれば「-」もある。「暗と明」「陰と陽」「北と南」など、必ず反対側が存在します。

「食事を残してはいけない!」という人がいれば、「無理して食べてはいけない!」という人もいます。あなたと気が合う人がいれば、当然 気が合わない人もいるのです。

つまり、「苦手な人」とは、「自分の反対側の人」。

「苦手な人」を「自分の反対側の人」と思うだけで、かなり気楽になれるはずです。

 

11. ニックネームをつける

「偉い人が相手だと上手く話せない」「厳しい上司が近くにいると憂鬱だ」という人も多い。そんな環境では、どうしても居心地が悪くなり、気持ちもネガティブになってしまいます。

そんな時は、「かわいいニックネーム」を付けてみましょう!

かわいいニックネームをつけることで、次第に緊張感は薄れていきます。

慣れてきても、直接ニックネームで呼ばないよう、くれぐれもご注意ください!

 

次章へ ⇒ 感謝を増やす

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】効果バツグン!筋弛緩法

心配性や不安障害の人は、普段から心も身体も緊張しています。 身も心もリラックスさせるのに効果バ

記事を読む

no image

【心配性の改善】やる事を済ます

お正月は、どうして清々しいのでしょうか? 大きな理由は、やるべき事を年末までに済ましているから

記事を読む

no image

【心配性の改善】自然とふれあう

「自然の中にいると心が安定する」 というのは、誰でも感覚的に知っていることだと思います。

記事を読む

no image

【心配性の改善】まずは規則正しい生活から

心配性の予防と改善に一番必要なものは、『心の安定』です。 そして、心の状態を整える基本となるの

記事を読む

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ4~7

4. 表情をつくる 表情と心はつながっていて、心が落ち込めば、とうぜん表情は曇ります。 この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑