*

【心配性の改善】笑いは心の薬

笑いながら心配することはできません。

笑っている間は、不安から心が解き放たれます。

それだけでなく、笑いは心の健康と直結しています。

笑いが心に与える影響を、さまざまな角度から見ていきます。

スポンサーリンク

笑いの効果

笑いは、心身に多大な恩恵をもたらします。

  • 血行促進
  • 免疫力アップ
  • エンドルフィンの分泌
  • 腹式呼吸
  • 感情表現

この中でも下の3つ、「エンドルフィンの分泌」「腹式呼吸」「感情表現」は心の薬となります。

エンドルフィンの分泌

笑うことにより、爽快ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンの鎮痛効果は、モルヒネの6倍とも言われていて、ストレスの中にあっても喜びを与えてくれます。

腹式呼吸

笑うときは、自然と腹式呼吸になります。

腹式呼吸により、副交感神経が刺激されリラックスでき、ストレス軽減にもつながります。

感情表現

泣いて気持ちがスッキリした経験は、誰にでもあると思います。感情をおもてに出すことは、精神衛生上、とても良い効果があります。

笑いも、大切な感情表現です。笑いをこらえずに、大きく笑うよう心掛けましょう。

 

まとめ

笑いは「心のお薬」。運動と同じ効果をもたらします。会話にユーモアを入れたり、お笑い番組やマンガも積極的に見るようにしてください。

そして、人との会話も大切にしてください。一人でいる時よりも、誰かと一緒にいる時のほうが30倍笑うそうです。孤独は、心をネガティブにしてしまいます。

また、作り笑いでも効果はあります。ときどき鏡の前で、自分の顔をチェックしてみるのもいいでしょう。

 

次章へ ⇒ カタルシス効果

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】カタルシス効果

心理カウンセラーに話を聞いてもらうだけで、症状が良くなる患者さんもいます。 とても不思議なこと

記事を読む

no image

【心配性の改善】書き出す

「困った、どうしよう」と不安に陥っているときは、紙に心配事を書き出すのが非常に有効です。 書か

記事を読む

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ8~11

8. 時間が解決してくれる どんな心配事も、やがて過ぎ去ります。一年前の心配事を覚えている人も少な

記事を読む

no image

【心配性の改善】心構え1~3

心配性の人は、最悪のことが起きる前提で物事を考えています。 その考え方のクセを治すには、ちょっ

記事を読む

no image

【心配性の改善】アロマテラピー

心配性の人は、心と体がいつも緊張しています。 緊張を解きほぐし、つらい身体症状を改善するには、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑