心配性・神経質・不安症・神経症などの特徴から克服法までをわかりやすく解説。心配性に効く生活習慣やコツも紹介するサイト。

心配性を改善する方法

【心配性の改善】笑いは心の薬

投稿日:

笑いながら心配することはできません。

笑っている間は、不安から心が解き放たれます。

それだけでなく、笑いは心の健康と直結しています。

笑いが心に与える影響を、さまざまな角度から見ていきます。

スポンサーリンク

笑いの効果

笑いは、心身に多大な恩恵をもたらします。

  • 血行促進
  • 免疫力アップ
  • エンドルフィンの分泌
  • 腹式呼吸
  • 感情表現

この中でも下の3つ、「エンドルフィンの分泌」「腹式呼吸」「感情表現」は心の薬となります。

エンドルフィンの分泌

笑うことにより、爽快ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンの鎮痛効果は、モルヒネの6倍とも言われていて、ストレスの中にあっても喜びを与えてくれます。

腹式呼吸

笑うときは、自然と腹式呼吸になります。

腹式呼吸により、副交感神経が刺激されリラックスでき、ストレス軽減にもつながります。

感情表現

泣いて気持ちがスッキリした経験は、誰にでもあると思います。感情をおもてに出すことは、精神衛生上、とても良い効果があります。

笑いも、大切な感情表現です。笑いをこらえずに、大きく笑うよう心掛けましょう。

 

まとめ

笑いは「心のお薬」。運動と同じ効果をもたらします。会話にユーモアを入れたり、お笑い番組やマンガも積極的に見るようにしてください。

そして、人との会話も大切にしてください。一人でいる時よりも、誰かと一緒にいる時のほうが30倍笑うそうです。孤独は、心をネガティブにしてしまいます。

また、作り笑いでも効果はあります。ときどき鏡の前で、自分の顔をチェックしてみるのもいいでしょう。

 

次章へ ⇒ カタルシス効果

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

-予防と改善

Copyright© 心配性を改善する方法 , 2017 AllRights Reserved.