*

【心配性の改善】心構え4~6

心配性や不安障害の人は、悪い考え方のクセを持っています。

考え方のクセを治すには、心構えがとても大切。

心構えが変われば、考え方が変わる。
考え方が変われば、性格が変わる。
性格が変われば、人生が変わります!

スポンサーリンク

4.「心配」ではなく「行動」

心配性の人は生真面目なので、「心配しないのは不謹慎だ」という深層心理があります。

しかし、「心配すること」=「考えること」ではありません。事が解決するのも、心配したおかげじゃないんです!

心配事を解決するのは、「行動」と「運(ツキ)」と「時間」。その中で、自分でできることは「行動」のみです。心配しても、自分の心と身体を痛めつけるだけ。

不安を感じたら、まず行動です!

 

5. わたしの恥は、かき捨て

「旅の恥はかき捨て」といいますが、いつでもどこでも、恥はかき捨てましょう!

心配性の人は、「失敗したくない」「叱られたくない」という心理が強い。だから、神経質になってしまう。

そんな心理を消し去るには、過去の恥ずかしい出来事をいつまでも心に保存しないことです。恥ずかしかった出来事は、人に話して笑い話に変えていきましょう。

「思い出すだけで、顔から火が出る」ではなく、「いい笑い話ができた!」とドンドン恥をかき捨てましょう。

 

6. 失敗を恐れないために

謝りかたを知ると、失敗をあまり恐れなくなります。

「失敗したくない」「嫌われたくない」というのは、「ミジメさ」を強く恐れてる証拠。謝罪をするミジメな自分が怖いのです。

しかし、『謝罪=ミジメ』ではありません。『謝罪=いさぎよい』なんです!

謝罪は「勇気のいることだ」と、誰もがうすうす知っています。だから、自らすすんで謝罪する人はミジメになるどころか、むしろ尊敬される。

謝るときのポイントは3つ

  • 言い訳をせず
  • 素早く
  • 誠心誠意あやまる

正しい謝罪ができれば、失敗は自分の株を上げるチャンスにもなります。ぜひ、覚えておいてください。

 

次章へ ⇒ プラス思考のコツ1~3

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ4~7

4. 表情をつくる 表情と心はつながっていて、心が落ち込めば、とうぜん表情は曇ります。 この

記事を読む

no image

【心配性の改善】プラス思考のコツ1~3

心配性の人はマイナス思考傾向が強いく、 「もし~になってしまったら」 とマイナスの方向へ

記事を読む

no image

【心配性の改善】情報の暴飲暴食

今は、超高度情報化の時代です。 情報が簡単に手に入ることは好ましいことですが、心に害を与える情

記事を読む

no image

【心配性の改善】手を合わせる

手を合わせて祈ることで、心が安定します。みなさまも、初詣などで経験済みかと思います。 6世紀に

記事を読む

no image

【心配性の改善】食事で気をつけたい3つのこと

心を安定させるには、食事も大切な要素です。 「最近、不安を感じることが増えた」 「できれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • スポンサーリンク

    PAGE TOP ↑