【心配性の改善】心構え1~3

心配性の人は、最悪のことが起きる前提で物事を考えています。

その考え方のクセを治すには、ちょっとした心構えが大切!

心構えを持つか、持たないか。

ここが大きな分かれ目です。

スポンサーリンク

1. 自分だけではない

そもそも心配は、「自己防衛機能」&「努力の源」。人間にとって大切なもので、誰もが心配事をかかえています。

今日、笑顔であいさつを交わした相手も、何かしらの心配事を抱えています。一見ポジティブに見える成功者や実業家、お笑い芸人でさえ、心配を抱えながら生きています。

自分だけが、苦痛を感じているわけではありません。誰もが見えないところでは、心配で顔をゆがめているものです。

 

2. 助けを求めてもいい

人に助けを求めてもいいのです!

「助けてください」と言われて、断る人はほとんどいません。助ける側も、人のチカラになれることは、とても嬉しいものです。

家族・友人・親戚・役所・医者・NPO法人・警察・弁護士などなど、あなたが相談すれば、必ず力になってくれます!

たとえ、最悪の展開が起きてしまったとしても、「必ず誰かが助けてくる」ということを覚えておいてください。

 

3. 今よりちょっとワガママに

心配性の人は、今よりちょっとワガママに生きると、ちょうど良い!

心配性の人は、優しくて、道徳的で、キッチリしています。とても素晴らしいことです。しかし、その行動の裏側には、「嫌われたくない」という恐れの心理が隠れています。

「嫌われたくない」という考えが強いと、他人の基準で人生を歩んでいくことになります。

それよりも、「自己満足」を大切にして生きていきましょう。それが、「自分の人生を生きる」ということです。

心配性の人は、気を使い過ぎています。もう少しだけワガママになると、ちょうど良い生き方ができるでしょう。

 

次章へ ⇒ 心構え4~6

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

関連記事

no image

【心配性の改善】腹式呼吸

強く心配しているとき、さまざまな身体症状があらわれます。呼吸が浅くなる 心拍が早くなる

記事を読む

no image

【心配性の改善】部屋を片づける

「心配性の人は、まず部屋の片づけをしましょう!」というと、「どうして?」と疑問を感じる方も多いと思い

記事を読む

no image

【心配性の改善】言葉を変える

言葉を変えれば、気持ちも変わる。「困ったことが起きたぞ」と言うよりも、「面白いことが起きたな

記事を読む

no image

【心配性の改善】情報の暴飲暴食

今は、超高度情報化の時代です。情報が簡単に手に入ることは好ましいことですが、心に害を与える情

記事を読む

no image

【心配性の改善】手を合わせる

手を合わせて祈ることで、心が安定します。みなさまも、初詣などで経験済みかと思います。6世紀に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑