心配性・神経質・不安症・神経症などの特徴から克服法までをわかりやすく解説。心配性に効く生活習慣やコツも紹介するサイト。

心配性を改善する方法

【心配性の改善】プラス思考のコツ1~3

投稿日:

心配性の人はマイナス思考傾向が強いく、

「もし~になってしまったら」

とマイナスの方向へばかり想像を膨らませてしまいます。

逆に、プラス思考の強い人に、心配性はいません。

あなたに合ったプラス思考のコツを、ここで探してみてください。

スポンサーリンク

1. 自分を責めない

自分を責めると、自信を失い、マイナス思考になってしまいます。

「気が小さい」「人前で上がってしまう」「不安で体がすくむ」という状態を、「弱い人間」「ダメな人間」などと思わないでください。

神経物質やホルモンのバランスが、人とほんの少し違うだけです。性格ではなく、治せるものです。だから、自分を責めないでください。

病院やカウンセリングでの治療や、セミナー・書籍・当サイトを参考に改善すればいいのです。

 

2. 自分をほめる

自分をほめていると、自信がつき、プラス思考ができるようになります。自分をドンドンほめていきましょう。

とはいっても、「ほめるところがない」と思ってる人もいるでしょう。

大丈夫!良い方法があります。

①紙に自分の名前を書いてください。
②それを見ながら自分をほめてください。
↓↓↓↓(サンプル)
「生まれてから、ずーっと鈴木花子(名前)やってるんだよな~」
「わたしも頑張ってるよな~、えらいよな~」

生活することだって、苦労のともなう大変なこと。生きてるだけでも、立派で素晴らしいことです。

 

3. 下を見て生活する

「あいつ、早稲田受かったんだって」
「花子の彼氏、ハンサムで金持ちなんだって」

このように、上ばかり見てしまうと、「どうせ私なんて…」と自分を卑下してしまいます。そして自信を失い、マイナス思考に陥ってしまいます。

上もいれば、下もいるのです。

「難病で苦しんでいる人に比べたら、わたしの悩みなんて!」
「大きな借金をかかえていても、元気に生きている人もいるんだから…」

このように、自分よりつらい人を思い浮かべるだけで、一瞬で心がポジティブになります。

たとえ骨折しても、「頭の骨まで折れなくて良かった!」と思えるようになれたら良いですね!

 

次章へ ⇒ プラス思考のコツ4~7

トップページへ ⇒ 心配性 全てのまとめ

スポンサーリンク

-予防と改善

Copyright© 心配性を改善する方法 , 2017 AllRights Reserved.